石川町歯科クリニック HOME > 虫歯治療・根管治療

早期発見・早期治療が大切です

虫歯治療で大切になってくるのが早期発見・早期治療です。虫歯は放置してもごく初期のものを除き、自然治癒することはありません。もし異変に気づかれたのなら、早めにご相談ください。早めのご相談が、あなたのお口の健康を守ります。

虫歯の4つの原因

具体的な虫歯の症状などをご紹介する前に、まず虫歯の4つの原因をご紹介します。虫歯は以下の4つの原因が重なって発症・進行していきます。

虫歯菌

お口のなかにいる虫歯菌の数は人それぞれ異なり、その数が多ければ多いほど虫歯になりやすい傾向にあります。

口腔内の環境

歯質や唾液の機能(唾液には虫歯への抵抗力を高める力がある)により、虫歯のなりやすさが違います。

糖分

虫歯菌は糖分をエサに酸を出します。そのため、糖分を控えることで虫歯予防につながります。

ケア

十分にブラッシングできていないなど、ケアが不十分な場合は虫歯になりやすくなります。予防のためにはしっかりケアを行いましょう。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1 【エナメル質の虫歯】

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

症例紹介

虫歯の治療をした症例です。※画像をクリックすると拡大します

深い虫歯に用いる 根管治療

根管治療とは神経にまで達した虫歯に行う治療です。炎症を起こした神経や汚染された物質を取り除くことで、虫歯の進行を食い止めます。虫歯が神経にまで達しているのに根管治療を含む適切な処置を行わずに放置してしまうと虫歯はどんどんと進行し、最後には抜歯となってしまいます。抜歯を防ぐための大切な治療、それが根管治療なのです。

STEP1 神経の除去

虫歯菌に冒されてしまった神経を除去します。

STEP2 計測

根管の長さを専用の器具で計測します。

STEP3 洗浄

根管内をきれいに洗浄します。

STEP4 消毒

根管内を消毒します。

STEP5 薬剤注入

根管内に細菌が入らないように歯の根の先まで薬剤を詰め、密封します。

STEP6 土台の取り付け・被せ物の装着

土台を取り付け、被せ物を装着して治療完了です。

神奈川県横浜市|診療予約|医療法人 豊勝会 石川町歯科クリニック

  • PAGE TOP
住   所
神奈川県横浜市中区石川町1-13-2F

神奈川県横浜市中区石川町1-13-2F

Copyright © 横浜市中区の歯医者|医療法人 豊勝会 石川町歯科クリニック All Rights Reserved.