コラム|横浜市中区元町・中華街、山手駅エリアの歯医者|石川町歯科クリニック

お電話での予約・お問い合わせ045-662-7116

WEB予約
電話予約
WEB予約

コラム

コラムCOLUMN

インプラントできないと他院でお断りされた方もご相談ください

こんにちは。
石川町駅より徒歩1分、元町・中華街駅より徒歩8分の歯医者「石川町歯科クリニック」です。
 
当院では一般的なインプラント治療はもちろん、以下のような特殊な治療も行っています。
●GBR法
●フラップレス
●インプラントオーバーデンチャー
●即時抜歯
●サイナスリフト
●ソケットリフト

 
インプラントは歯を失った場合の最良の解決策の1つです。
しかし、インプラントを埋め込むためには、十分な量の骨組織が必要です。
 
骨組織が不十分な場合、GBR法で骨組織を再生し、インプラントを埋め込むための十分な骨量を確保することができます。
 
そこで、今回は、GBR法について詳しく解説します。
 
骨の量や厚みが足りないことを理由に、他院でインプラントをお断りされてしまった方でも、GBR法で骨の再生を促すことによって、インプラント手術が可能となる場合があります。
 
 

GBR法の手順

1.綿密な検査

GBR法を行う前に、患者さんお口の中を、入念に検査します。
 

2.骨補填材(自家骨)の採取

骨補填材(自家骨)を採取するため、局所麻酔し、切開して顎骨の一部を採取します。
 

3.骨補填材(自家骨)の挿入

骨の再生を促進するために、骨補填材(自家骨)を挿入します。
骨補填材が挿入された後、特別な膜を使って傷口を覆います。
この膜は、骨補填材を守り、新しい骨の成長を促進するために使用します。
 

4.インプラントの埋め込み

骨補填材が成長し、インプラントを支える十分な骨量が確保されるまで、数か月間待ちます。
骨が十分再生されたら、インプラントの埋め込みを行います。

コラム:歯を失った場合の新しい選択肢【インプラント】へ >

 
 

GBR法のメリット

GRCの最大のメリットは、骨組織を再生できることです。
GRC法により、骨量不足でインプラント治療ができないと診断されていた患者さんに対しても、インプラント治療を行えるようになります。
 
また、GBR法により、インプラントの埋め込み位置や角度などがより自由になり、より美しく自然な歯の形状を再現することができます。
 
 

GBR法のデメリット

●費用が高い

GBR法によるインプラント手術は、骨再生の1工程が追加となるため、手術費用が通常のインプラント手術よりも高くなります。
 

●治療期間が長い

GBR法によるインプラント手術は、骨再生のための時間が必要となるため、通常のインプラント手術よりも治療期間が長くなります。
 
 

【インプラント】なら石川町歯科クリニックへ

国際インプラント学会A.I.A.I認定医である院長が、インプラント治療を担当いたします。
インプラントについてのご質問やご相談は、石川町駅から徒歩1分の歯科・歯医者【石川町歯科クリニック】までお気軽にお問い合わせください。
 
他院でインプラントは無理と診断された方も是非一度、当院までお問い合わせください。
 

インプラントについてもっと詳しく >

 


 
医療法人豊勝会 石川町歯科クリニック
所在地:〒231-0868 神奈川県横浜市中区石川町1丁目13 2F
電話番号:045-662-7116
 
石川町駅より徒歩1分、元町・中華街駅より徒歩8分の歯医者【石川町歯科クリニック】です。
土日も診療。インプラント・矯正・審美など幅広く診療を行なっております。
横浜市中区で歯科に通院するならぜひ当院へお気軽にご来院ください。